広告配信のターゲット設定に成功し、限られた広告予算で想定以上の結果に。

CLIENT
自動車メーカー系販売会社/社名非公開
広告配信のターゲット設定に成功し、限られた広告予算で想定以上の結果に。[自動車メーカー系販売会社/社名非公開]

OUTLINE 概要

自動車メーカー系販売会社のFacebook/Instagram広告を担当。決算セールや新モデル販売、試乗キャンペーンなどの定期的なプロモーションの他、スポットでの大型プレゼントキャンペーンなど、様々な広告配信に携わりました。試乗でプレゼントが貰えるキャンペーンにおいては、50万円の広告費用で6台の新車販売という成果も達成しました。

POINT 事例の要点

  • 広告代理店よりSNSを使った企画・広告を実施したいとのご相談をいただき、企画より参画。
  • 購買データなどを元に、ユーザー属性・エリア・興味関心などをターゲティング。対象店舗ごとにランディングページを用意したことで、来店誘導の強化に。
  • 50万円の広告予算で行ったキャンペーンでは、6台の新車成約も達成。

PROCESS 進行過程

PROCESS01自動車メーカー本体の広告とのバッティングを避け、まずはSNS運用から施策をスタート。

販売会社から広告代理店に「チラシの予算をデジタルに使って施策を行いたい」という要望が出され、代理店から弊社へデジタルプロモーションのご相談をいただきました。自動車メーカー本体の広告とバッティングするのでリスティング広告は難しく、まずはFacebook/Instagramからの施策となりました。

PROCESS02購買データを分析して複数のセグメントを検討。最適な広告設定とLPを準備。

店舗での購買データより、ターゲットを年齢層・性別・エリア・興味関心で組み合わせた複数セグメントを設定。それに合わせたクリエイティブを広告代理店側にてご用意いただき、広告設定を実施しました。さらに、店舗への来店を促進するため、店舗情報を明確にしたランディングページをご用意しました。

PROCESS03広告成果やLPの各種データを分析し、効率的なターゲットを選定。

限られた予算の中で、1週間をめどとしてセグメントごとに費用を均等配分。リーチ数・クリック数など広告成果によるデータと、ランディングページでのページ読了率やコンバージョン率などを分析。そこから効率的なターゲットを洗い出し、広告予算を当てることを検討しました。

PROCESS04広告費を70%程度まで抑えることに成功。コンバージョンの先にある“新車成約”にも貢献。

CPC(クリック単価)、CPA(コンバージョン単価)ともに、これまでの70%程度まで抑えることができ、広告としては大成功の結果となりました。また、弊社の定めたコンバージョンは「試乗申込み」になりますが、店舗へご来店いただき、最終的に新車6台が成約につながったと喜びのお言葉をいただきました。

VOICE メンバーズボイス

アカウントプランナー

ターゲットの詳細な絞り込みで、効率良く広告配信できました。

販売会社側から過去の一定の販売データをご共有いただき、ターゲット設定できたことが大きな要因となりました。リアルでの情報を活用することによってターゲットがより詳細に絞り込むことができ、効率の良い広告配信となりました。

コンテンツディレクター

テスト配信からの再調整をスピードアップすることで効率良い広告配信が実現できました。

1週間のテスト配信で、一部エリアのみ極端に成果が悪くなる現象が見られました。効率の良いエリアへの費用再分配をすぐに決定できたことも大きな要因だと思われます。その点ではクライアントのご判断に助けられました。

CONTACT コンタクト

つながる科学研究所株式会社

OSAKA
〒530-0004
大阪市北区堂島浜2-2-28堂島アクシスビル 3F
TOKYO
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-6-6 OZAWA BUILDING 5F