つながる科学研究所

新着情報

2016.02.05 つながる科学研究所大阪本社ならびに
ジーピーオンライン大阪本社移転のご案内

毎々格別のご厚情を賜り有難く御礼申し上げます。
弊社、つながる科学研究所株式会社および、株式会社ジーピーオンラインはこのたび業務拡大に伴い、来たる2月8日(月)大阪本社を下記に増床移転する運びとなりました。

■新住所  :〒530-0004 大阪府大阪市北区堂島浜2丁目2-28 堂島アクシスビル3F
■営業開始日:2016年2月8日(月)

<つながる科学研究所株式会社大阪本社>
■新電話番号:06-6343-9327
■新FAX番号 :06-6343-9328

<株式会社ジーピーオンライン大阪本社>
■新電話番号:06-6343-9363
■新FAX番号 :06-6343-9364

これを機に、社員一同気持ちを新たに、一層努力してまいる所存でございます。
今後とも一層のご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。
2015.03.02 顧問(アドバイザー)就任のお知らせ
つながる科学研究所株式会社は本日3月2日付けで棗田 眞次郎氏を弊社顧問(アドバイザー)として迎え入れさせていただくことになりました。
2014.12.18 東京研究室増床移転のお知らせ
つながる科学研究所株式会社は、ジーピーオンライングループ他2社とともに 東京研究室を増床移転し、2015年1月13日(火)より新オフィスにて業務を開始いたします。 移転に伴いまして、電話番号・FAX番号が変更となりますので、 お手数をおかけしますが、連絡先を変更いただけますと幸いです。
▼新住所 / 新電話番号
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-6-6 OZAWA BUILDING 5F
TEL:03-6416-9208 FAX:03-6416-9209
2014.10.01 役員人事および組織変更について
つながる科学研究所株式会社は下記の通り人事を決定し、それぞれ就任いたしました。
・取締役 高松 亨
・執行役員 久永 愛子
・東京研究室 室長 水村 聡
・大阪研究室 室長 竹内 一生
2014.05.01 事業ドメインを再編しました
顧客ニーズの増加に伴い、事業ドメインを再編し、事業領域をデジタルマーケティング全般まで広げました。
2013.07.01 ソーシャルメディア以外の運用アウトソーシング事業を開始しました
ソーシャルメディアと連動する一連の運用業務も一緒にアウトソーシングいただけます。
2013.03.01 東京研究室を開設しました
東京での活動拠点を設け、各拠点の名称が「東京研究室」「大阪研究室」となりました。
2012.10.17 ソーシャルメディアマーケティングセミナー開催報告
9月28日に大阪市内で行われたカンファレンスでは、ソーシャルメディアの専門家らによるワークショップやセミナーなどのプログラムがあり、IT関連企業などの担当者らが多数来場し、会場は熱気に包まれました。>詳しくはこちら
2012.09.20 9月28日、ソーシャルメディアマーケティングセミナー開催のお知らせ
ソーシャルメディアのスペシャリストによる講演、パネルディスカッション、ワークショップと盛りだくさんの内容で、新メディア活用の効果的なPR法のノウハウやヒントをお届けします。>詳しくはこちら
2012.05.29 つながる科学研究所Webサイトを公開しました。
ソーシャルメディアマーケティングに特化した、つながる科学研究所株式会社の設立に伴い、Webサイトを公開しました。

ABOUT US つながる科学研究所とは

インターネット上の“つながり”や“つながる”を科学し企業のマーケティング活動を支援する会社です

基本情報

ソーシャルメディア  ブレーン※

「つながる科学研究所」は、2000年設立で大手企業を中心に、多数のWebソリューションに実績をもつ「ジーピーオンライン」から、ソーシャルメディアに関する業務を分離独立させた専門組織です。Facebookを中心としたSNSやTwitter,YouTubeなどの「ソーシャルメディア」と呼ばれる新しいサービス群を企業のマーケティングに活用するため、技術およびノウハウの研究とその提供を行う組織です。複雑で進歩の早いソーシャルメディアを、クライアントに代わって情報収集、調査、分析をおこなったうえで、それぞれのビジネス環境に応じて効果的に適用していくことが私たちの使命です。

※ブレーンとは
ブレーントラスト(brain trust)の略。専門分野について相談や助言を行うグループや専門家のこと。知能顧問団ともいう。

ソーシャルメディアインテグレートモデル

戦略立案から構築、運営、フィードバックまで垂直統合

私たちの強みとして、クライアントの事業環境のヒアリングから成果をあげるまでのプロセスすべてをワンストップで請け負うことがあげられます。これは第一にクライアントの利便性を高めると同時にサービスの品質を担保するためであり、第二に責任の所在をはっきりさせるためでもあります。ソーシャルメディアに特化したとしても、あつかう業務範囲は広く、デジタルマーケティング全般の戦略策定からその実施、効果の検証までを射程に入れたサポートが必要となります。そのすべてのフェーズを、グループ会社と密接に連携をとりながらサポートできることが「つながる科学研究所」を利用する大きな利点のひとつです。

具体的なサービスはこちら

ソーシャルメディアに特化することの強み

技術開発においてもマーケティングメソッドの構築においても、ソーシャルメディア分野に特化して研究をおこなうことで、より深い技術、幅広いノウハウの提供が可能になります。また、ソーシャルメディアマーケティングは従来のWebマーケティングともっとも違う点として「変化の早さ」があげられます。Facebookなどのプラットフォームは急増するユーザー数やトレンドに応じて日進月歩の速さで変化していきます。その変化に合わせて技術やノウハウを対応させて効果的なサポートを行ってゆくには、ソーシャル専門の会社でないと不可能になってきています。「つながる科学研究所」なら、その組織や環境、人員においてソーシャルメディアマーケティングの専門会社として、機動的にサポートでき、そこが当社を利用するもうひとつの大きな利点です。

研究姿勢・ポリシーはこちら

OUR POLICY [私たちの考え]

“実証研究”を重視ネット上の「つながる」を社会科学からのアプローチで実効性のある戦略と技術を提供

A.D. de Grootの実証サイクル(Wikipediaより引用)

つながり、シンクロする世界

イメージ

"ホタルの木"をご存知でしょうか?東南アジアのある森では年に一度、木に集まったホタルがいっせいに同期(シンクロ)して明滅するといいます。なぜ数え切れないほどの無数のホタルが、指揮者もなしに一糸乱れぬシンクロをなし得るのか?このように不思議な現象は細胞などの生物のみならず原子といった無生物まで、実は私たちの身近にもたくさんあります。

この現象を非線形連立微分方程式をもちいて、数学的に解き明かしたがスティーヴン・ストロガッツという学者です。彼は「世界は6人を介してつながっている」という仮説"Six Degrees of Separation"(六次の隔たり)などのネットワーク科学で著名な学者でもあります。

同調現象の普遍性は遺伝子、人間、企業、経済、社会、宇宙にまでその研究の範囲がおよびます。インターネット、ソーシャルネットワークという近年、身近となったマクロスケールの「つながり」も、「シンクロする」対象であり企業のマーケティング活動に応用できると私たちは考えています。

※六次の隔たり(Six Degrees of Separation)とは
人は知り合いを6人以上かいすると世界中の人々と間接的に知り合いであるという仮説。facebookやmixiなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)はこの仮説をモチーフとしている。

ソーシャルメディアを科学し実践

私たちは研究機関ではありませんが学術研究の成果を最大限活用し、ソーシャルメディアマーケティングに応用することを目指しています。近年とみに伸張著しい「複雑ネットワーク」の研究を中心に心理学、行動科学、統計学などからの学際的アプローチによります。

社会ネットワークの研究は、1960年代より活発に行われてきましたが、近年その研究成果には飛躍的進歩が見られます。インターネット発明・進歩によりその対象はグローバルになり、分析においても百万単位でのリアルタイム観察までもが可能になりました。またコンピュータの高度化によりカオス、フラクタル、ソリトンなどの非線形力学の主要テーマの研究が飛躍的に発展しました。現代では、「スケールフリー性」「スモールワールド性」「クラスター性」といった古典的な概念・モデルから「コミュニティ構造」といった、現実世界のネットワークを分析するための新たな視座が求められています。

私たち「つながる科学研究所」は、これら先達の英知を実際の企業活動に実践的に適用することでひろく応用研究にも助力し、企業や社会の発展に貢献することをミッションと考えています。

科学と研究の基本的な分類と階層

SERVICE [サービス]

CMMI、ISO 10006、PMBOKR第4版をはじめとしたプロジェクト管理標準規格やガイドラインを参考にした独自のフレームワークで運用しています

  • コンサルティング
  • 導入支援
  • 開発業務
  • 後方支援

サービスイメージ図

PMBOK(the project management body of knowledge)について プロジェクトマネジメント協会公式サイトへ

アメリカのプロジェクトマネジメント協会(PMI)が提唱するプロジェクトマネジメントに関するフレームワーク(基本的思想、プロセス、道具)。事実上の国際標準規格。
※PMBOK、PMPは米国プロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    • コンサルティングサービス
    • コンサルティングレイヤー
      詳しくはこちら
    • 講演・セミナーおよび社内教育
    • ハブページ企画・構築
    • 導入支援レイヤー
      詳しくはこちら
    • ハブページ運用支援・代行
    • ソーシャルアプリの企画・開発
    • 開発業務レイヤー
      詳しくはこちら
    • 独自SNS企画・構築
    • PR・プロモーション連動企画
    • 後方支援レイヤー
      詳しくはこちら
    • 各種ツールの導入支援

FOR AD AGENCY&PARTNER

つながる科学研究所では、ソーシャルメディアのマーケティング活用に専門特化し、研究開発を行っていますが、その研究領域はソーシャルメディアやITの発展とともに拡大しています。そこで、かかる業際的な分野で補完しあえる企業ないし研究機関と、情報交換を積極的に行っていきたいと考えています。特に広告分野で業務提携してシナジー効果を発揮できるパートナー企業を求めています。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

たとえばこんなコラボレーション・・・

広告代理店さま

研究機関さま

制作会社さま

まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

CONTACT

サービスのお見積もりやご相談の依頼は無料です。
以下のフォームに必要事項をご記入いただき、お気軽にお問い合わせください。
一両日中に弊社担当からご連絡差し上げます。お急ぎの場合は下記の電話番号にお問い合わせください。
※の項目は必須事項です。

03-6416-9208 06-6809-2820 受付時間 10:00~19:00(土日祝を除く)

お問い合わせの種類※
お問い合わせ内容※
会社名
お名前※
メールアドレス※
電話番号※
個人情報の取扱いに関する同意※
プライバシーポリシーをご確認の上、「同意する」にチェックしてください
個人情報保護に関する基本方針

つながる科学研究所株式会社では、つながる科学研究所株式会社Webサイト(以下、「当サイト」といいます。)の運営に際し、お客様のプライバシーを尊重し個人情報に対して十分な配慮を行うと共に大切に保護し、適正な管理を行うことに努めております。

1.個人情報利用目的
お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報をご提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に関する今後の改善、及び、問い合せに関するご回答のために利用致します。それ以外の目的で利用する場合は個人情報をご提供いただく際に予め目的を明示しておりますのでご確認下さい。

2.第三者への情報提供
お客様の個人情報は、以下の場合を除き第三者に開示、提供、譲渡、することは致しません。
1.法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
2.お客様本人の同意があった場合

3.クッキー(Cookie)の利用
当サイトではクッキー(Cookie)を利用しております。クッキー(Cookie)を使用する目的はお客様が当サイトを再訪された際に便利にお使い頂くことを目的に使用しており、お客様のプライバシーを侵害するものではありません。

4.SSL(Secure Socket Layer)について
当サイトではお客様の個人情報を保護するために「SSL(Secure Socket Layer)」に対応しています。

「SSL(Secure Socket Layer)」とは、インターネット上で情報を暗号化して送受信するプロトコル(通信手順)です。

各種Webブラウザなどのセキュリティに対応したブラウザを利用することで、お客様が入力される名前や住所あるいは電話番号などの個人情報が自動的に暗号化されて送受信されるため、万が一、送信データが第三者に傍受された場合でも、内容が読み取られる心配はありません。

「SSL(Secure Socket Layer)」に対応していないブラウザをご利用の場合は、Webサイトにアクセスできなかったり、情報の入力ができない場合があります。

5.適用範囲
本プライバシーポリシーは当サイト内にのみ適用されます。当サイトからリンクの張られている他のサイトでの個人情報保護については一切の責任を負いません。

©TSUNAGARU KAGAKU Corporation